基礎化粧品の知識

クレンジングについて説明しています

クレンジングフォーム 洗顔フォーム 乳液 化粧水
基礎化粧品の知識カテゴリ
基礎化粧品・スポンサードリンク

美しさの基準

クレンジング

クレンジングクリームは、油性洗顔クリームで油性原料としてワセリン、固形パラフィン、流動パラフィン、蜜蝋(みつろう)などを配合しています。無水油性型と,水を加えて乳化した含水油性型があります。無水油性型は洗浄力が強く濃い化粧を落とすのに適しています。含水油性型には無水油性型に近い親油性のものと,洗浄力は劣るが水で洗えば落とせる親水性のものとに分けることができます。

クレンジングクリームには、どんな化学物質でつくられているか調べてみた結果、油分がたいへん多く、 保温剤、界面活性剤などが含まれていることがわかりました。このクリームは、危険ですので使ったあと で十分に石けんで洗顔することが必要です。洗顔料に、油分や保湿剤は必要なくカサカサしやすい肌の人は、石けん洗顔のあとで酸性の化粧水をつけ、乾燥のひどいところだけに油分を補い、肌の弱い人は強い刺激は避けたほうがいいでしょう。

クレンジングは毎日のことだから、皮膚にあまり刺激を与えない成分のものを選ぶようにしましょう。 例えば、UV防止微粒子や、凹凸をめだたなくする微粒子パウダーは、表面を洗っただけでは毛穴の奥に 入ったまま浮き上がってこないし、汚れた皮脂が取りきれないと黒ずみになったりするので、水溶性クレ ンジングオイルを使うようにします。Tゾーンなど皮脂分泌が多い部分や、目の周りなどデリケートゾーンはオリーブオイルやスクワランなど質のよいオイルと、カット綿や綿棒を使ったスポットクレンジング を併用するのがよいでしょう。

最近は泳いでも取れないファンデーション、落ちない口紅など、ハイテクを駆使した商品がつくられ、落とし にくい化粧品が多くなりました。 メイク落としのクレンジングを怠ると、やはりくすみやシミなどの原因になります。化粧品には、色素のほか油やワックスが混ぜられていて、しかもこの色素は、角質に残って確実に肌をくすませます。メイ クの油性成分や色素を効率良く落とすには、クレンジング剤のオイルで溶かして取ることが重要ですが、洗顔料で強く落とすと、大切な角質層の潤い成分まで落ち、肌荒れを招いてしまいます。メイクが落ちているかどうかは、クレンジング後に化粧水をつけたコットンで顔をふき取り、色がつくなら不十分な証拠で、しっかり落とせるクレンジング剤選びがくすまない肌への第一歩です。