基礎化粧品の知識

洗顔について説明しています

クレンジングフォーム 洗顔フォーム 乳液 化粧水
基礎化粧品の知識カテゴリ
基礎化粧品・スポンサードリンク

美しさの基準

洗顔

クレンジングと洗顔が一緒にできるダブル洗顔料という商品がありますが、汚れが完全に落ちきらない ことが多くトラブルを起こすことがあるので、なるべくクレンジングと洗顔料は分けるようにして下さい。

洗顔料は肌の汚れを洗い流すだけという考えから、洗顔後に肌のつっぱりを感じることが多かったの ですが、最近では美容成分を配合することで肌に潤いを与える洗顔料もでてきています。ただし、顔を洗いすぎると乾燥肌になり、そのうち角層がはぎ取られ、保水能力も守る力も失われ、化粧品が皮膚を刺激して炎症が起き、肌に湿疹ができやすくなります。

乾燥肌は化粧するとほてりや痛みを感じ、かゆみはないのが特徴てす。治療薬はないので、治すためには化粧をやめ洗顔に気をつけて、健康な皮膚に戻るのを待つしかありません。
女性のなかには、大切な皮脂や汗を汚取り除こうと、鼻の毛穴専用パックで毛穴の汚れまで取る、洗顔剤や洗顔ブラシなどを利用していますが、最近は洗顔に限らず、どんな汚れも許さないというような雰囲気があふれていています。

洗顔の目的は、肌に付着した汚れやにきびのもとになる過剰な油分を落とすことですが、洗い方によっては角質層にある潤い成分や、必要な油分も落としてしまうはので逆効果です。泡洗顔は肌に潤いを保ちながら不必要なものだけを洗い流す理想的な洗顔法ですが、細かい泡が汚れを吸着するため、こすらずにサッパリ洗うことで、高い保温効果は実証されています。泡洗顔は泡で汚れを落とすため、泡洗顔法をしっかり覚えれば、洗顔料は石鹸でも洗顔クリームでも好みでよく、市販されている泡ネットを使えば、簡単にきめ細かい泡ができます。

肌は本来、皮脂を自然に出すものなのに、常に肌に油分を補っていると、その力がなくなり、乾燥肌の 人はますます乾燥肌になりまた、油性肌の人には油分が余分なので、皮脂の排出が妨げられてにきびな どの原因になります。