基礎化粧品の知識

医薬部外品と医薬品のちがいについて説明しています

クレンジングフォーム 洗顔フォーム 乳液 化粧水
基礎化粧品の知識カテゴリ
基礎化粧品・スポンサードリンク

美しさの基準

医薬部外品(薬用化粧品)

医薬部外品(薬用化粧品)とは、医学的な効果が厚生労働省に認められた化粧品のことです。特定の症状に対する効果や効能が認められているので、「肌荒れに効く」「殺菌作用がある」「メラニン色素の生成を抑制する」など具体的な表現をすることが許されています。

医薬部外品(薬用化粧品)は、医薬品と化粧品の中間にある商品であるため、パッケージなどに「医薬部外品」と表示されています。医薬部外品(薬用化粧品)は、薬とついているため勘違いしがちですが、「薬」ではありません。肌に何らかのトラブルがあった場合は医薬部外品を使うのではなく、病院などで処方された医薬品を使うようにしましょう。